身体の悩みの90%は水素で解決できる時代になりました。
あなたは今、どんなお悩みを抱えていますか?

□ 疲れがなかなか取れない
□ 肌の老化が気になる
□ 体質を改善したい
□ 生活習慣が気になる
□ 健康を維持したい
□ 様々な成人病等に悩まされている

改善には様々な方法がありますが「水素」もその選択肢の一部としてお考えください。

「水素が注目されている3つの理由」

  • 「優れた選択性」

    水素は善玉活性酸素には反応せず、悪玉活性酸素(特にヒドロキシラジカルやスーパーオキシドなどの非常に酸化力が強い活性酸素)にのみ反応し、取り除いてくれます。

  • 「驚きの拡散性」

    分子量1(分子で2)と小さく、水や脂に関係なく作用するという2つの特徴により、他の抗酸化物質(ビタミン、ポリフェノール、コエンザイムQ10等)に比べて拡散速度がはるかに速く、また、 脳神経系や細胞膜、細胞内、ミトコンドリア内、核内など普通は到達できない部位に簡単に到着します。 これにより様々な部位で効果を発揮します。

  • 「高い安全性」

    最も大きな特徴といえば「今のところこれといった副作用がない」といった部分です。
    世界中の研究所が水素治療を研究していますが、副作用の報告がありません。
    体内に長時間留まることが出来ない為、摂り過ぎによる副作用などもありません。その安全性の高さは、厚生労働省より認められています。

「病気や老化の原因」

人間は一日に約500リットルの酸素を身体に取り込むと言われていますが、そのうちの約2%である10リットルが活性酸素になるとされています。

また、普段の生活で受けるストレスや喫煙、過度な飲酒や食品添加物、電磁波などでも大量の悪玉活性酸素が生まれます。

この悪玉活性酸素が身体をサビ(酸化)させ、病気の発生や老化の促進に直接的な原因を与えているのです。反対に、水素を使って悪玉活性酸素を取り除けば、身体の酸化を抑えること(還元)が出来ます。

「水素吸入で期待出来る効果」

◎脳神経疾患(アルツハイマー、パーキンソン病、 脳梗塞、脳出血ALS )
◎眼/鼻(白内障、緑内障、飛蚊症、ドライアイ、網膜症、花粉症)
◎口/歯(歯周病、口内炎)
◎呼吸器疾患(気管支喘息、肺炎、肺気腫など)
◎循環器疾患(動脈硬化、心筋梗塞、狭心症など)
◎消化器疾患(逆流性食道炎、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、肝炎、クローン病、ベーチェット病、肝硬変、膵炎など)
◎代謝性疾患(糖尿病、肥満、副腎代謝障害など)
◎皮膚疾患(アトピー性皮膚炎、皮膚障害など)
◎支持組織(関節リウマチ、膠原病)
◎その他(ガン、放射線障害、化学物質過敏症、シックハウス症候群、食中毒)

水素とALSについて

ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは、筋委縮による筋力低下、進行すると歩いたり、しゃべったり、呼吸するのさえしにくくなってしまう難病に指定されている神経系の病気です。
人工呼吸器を使わなければ、通常は2~5年で死亡することも多く、
患者さんの数は約8,500人です。

5~10%は、家族性ALS 簡単にいうと活性酸素を消去する酵素(SOD1)遺伝子の変異。
90~95%は、孤発性ALS 活性酸素の関与、グルタミン酸(興奮性の神経伝達物質による細胞死)

紹介する文献はこちら↓
【ALSモデルマウスにおける水素含有生理食塩水の効果】

中国、PLA Navy General Hospital(中国PLA海軍総合病院)のZhangらにより報告され、平成27年11月4日付のNeurochemical research誌に掲載されたものです。
水素水素含有生理食塩水を腹腔内投与したところ、
ALSモデルマウスにおいて発症遅延効果と生存期間の延長効果が確認されました。

また活性酸素の産生が抑制され、同時にミトコンドリアの機能保持作用もみられたとのことです。
神経保護的に作用する可能性があり、今後ヒトに対する有効性が検証されていくといいですね。

【引用元】
http://link.springer.com/article/10.1007/s11064-015-1750-7

水素と痛風

痛風の主な症状は、尿酸値が溜まり
・体の関節が痛む
・腎臓が悪くなる

また尿酸値の高い人は、
・脳血管障害(脳卒中)
・心血管障害(心筋梗塞、狭心症)
の動脈硬化リスクも注意が必要です。

そして多くの場合、一年以内に発症するリスクがあるこの痛風。

まず食生活の見直すべきポイントは、
1.脂肪を取りすぎない。(特に動物性脂肪に注意)
2.アルコールは控えめに。(尿酸の排出を抑制したり、過剰に作ったりする)
3.プリン体を含む食品は取りすぎない(酒の肴にはプリン体など含まれているものが多いので特に気をつける)
4.水分を十分に取る。(1日2?尿量が目安)
5.生ジュースや果物を取りすぎない。(果糖は尿酸の合成を促す)

霊長類は6300万年前に、活性酸素に対する抗酸化物質のビタミンCの合成能力を失い、それと同時に他の哺乳類だと代謝される尿酸が代謝されずに血液や組織内に増加したと言われています。

尿酸は酸性環境や低温環境では結晶になるため痛風をおこします。

水素ガス吸入で活性酸素を除去することで、酸性環境を整え、高尿酸血症の改善が期待できます。

水素ガスだけではなく食生活を見直し、免疫力を高めて、健康でより自由なライフスタイルで過ごしましょう。

「アランが水素をお勧めするワケ」

健康寿命の延長
現在、日本には認知症の方が462万人、予備軍が400万人いると言われています。水素はこの認知症の予防や改善に効果があると医学会でも研究が進められています。

QOLの向上
正しい食事や適度な運動に、水素をプラスすることで良質な生活を送れるようサポートが出来ると考えています。

安心安全な生活
環境汚染や食品添加物などによる健康被害への不安を、水素でデトックスすることで取り除くことが出来ると考えています。

精神的不安からの解放
病中の体調管理や病後の再発の不安を、水素でケアすることで精神的負担を軽減させたいと考えています。